今度はペクチュ

我が家が韓国ドラマ好きなことは、折々記事にもしてきたが、
そもそも数年前、最初に嵌まって見たドラマは、『朱蒙(チュモン)』だった↓
d0264854_23123758.jpg
高句麗(コグリョ)の初代王の話。

月日は経ち、今度は朱蒙の孫にあたる、高句麗3代目王・無恤(ムヒュル)の物語、
『風の国』を見る↓
d0264854_23253624.jpg
これは、少々期待を裏切る内容であった。

続いて見たのが、新羅(シイラ)の最初の女王となった『善徳(ソンドク)女王』
d0264854_23382163.jpg
その頃には、すっかり歴史物の韓国ドラマの虜になっていた。

新羅の名武将、金庾信(キムユシン)のルーツである伽耶国を建国した金首露(キムスロ)の物語、『鉄の王キム・スロ』も先月見終った↓
d0264854_23455970.jpg


そんな矢先、たまたま借りたDVDのレンタル予告で、
『階伯』がレンタルされている事を知る。
階伯(ケベク)とは、百済(ペクチュ)をもっとも強い国に建て直した名将軍。

朝鮮半島における三国時代とは、高句麗、新羅、百済、そして伽耶が加わった3国+1国がしのぎを削った時代。
その三国時代末期を、今度は百済目線のドラマで見なければ...と、
早速TUTAYAで借りた↓
d0264854_031453.jpg
勝者ばかりが注目される歴史の中で、滅びはしたものの、
670年も存続した百済の発展と衰退の記録が繰り広げられるドラマという。
あまり記録が残ってない謎の多い国の物語なので、正直期待はしていなかった。
試しに2巻(4話)だけ借り、見てから続きを借りるかどうか考えようという事になった。

ところが、ある意味大きく期待を裏切る内容だった。
『面白過ぎる!!!』

吸い込まれるように、あっという間に4話を見てしまい、
次の日3~5巻を借りてきた↓
d0264854_0234542.jpg

レンタル期間は1週間なのに、3日で見終った。

また次の日、今度は6~10巻を借りようとTUTAYAに行くと、
4セットづつある『階伯』が、すべて貸出中007.gif
あまりにもショックで、私の顔が相当不機嫌になってたらしい(←旦那談)

そこで、別のレンタルショップ(ゲオ)に行ってみたら、
1セットしか置いてない『階伯』が全てそろってた060.gif
すぐに新規会員になり、6~10巻を借りてくる↓(←凄い執着心)
d0264854_0301553.jpg

これもレンタル期間は1週間だったが、あっという間に見てしまった。

そして昨日、また4本借りようと思ったら、サービスプライス中なので、
11巻目から(新作扱い?)は1泊2日になるという。
さすがに午後から8話は見れないので、2巻だけにした↓
d0264854_7561488.jpg

あと、6巻残っているので、3日いや、返却日を合わせて4日通わなければならない042.gif

脚本、演出が本当に優れており、良くこんな筋書を考えるな~と感心するばかり!
そして、本当にいいところで終わってしまうという韓国ドラマの作りが、
次への期待感を高める。
日本のドラマ制作者(特に大河ドラマ)に見習って欲しいものだね037.gif

他に、ネット配信中の『イ・サン』を見てるのだけど、
これもすでに62話(全77話)まで来ており、最終回も間近↓
d0264854_87850.jpg

とにかく韓ドラ視聴に忙しい毎日037.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by yumilyna | 2012-09-30 08:10 | 韓国ドラマ
<< お月様 事件は港で起こった >>