世界遺産・仏国寺を訪ねる

慶州観光のハイライトともいうべき仏国寺(ブルグッサ)へ...
ここと石窟庵(ソックラム)は世界文化遺産に登録されており、
『世界遺産』好きの旦那にとってはずせない所だが、
時間と体力を考慮し、今回は仏国寺のみ。
d0264854_2182694.jpg


寺院の入り口に位置する一柱門
d0264854_2195794.jpg

二本の柱が一直線になっていることからそう呼ばれるらしい。

仏教世界を再現した寺院とあって、
一歩入った時から、神聖な空気が漂ってるような気がする。
d0264854_2115281.jpg

この橋を渡る事で、体も心も清める意味があるのだとか↓
d0264854_21162754.jpg

進んでいくと、天王門があり...
d0264854_21174573.jpg
d0264854_21175960.jpg

仏教における4人の守護神が睨みをきかせており、
侵入しようとする邪鬼を追い払う役目とか。
d0264854_21215716.jpg
d0264854_2122367.jpg


さらに進むと、紫霞門に続く、青雲橋、白雲橋が現れる。
d0264854_2125594.jpg

下の18段が青雲橋、上の16段が白雲橋。
階段なのに何故『橋』なのか?
それは、俗世と仏国を結ぶという意味と、
ここには昔、蓮池があったそうで...本当に橋だった名残も↓
d0264854_21314965.jpg

現在、この橋は保存のため昇降不可なので、右手の迂回路の坂をあがる。
d0264854_21341599.jpg


まずは、大雄殿前の多宝塔↓ (奥の釈迦塔は補修工事中)
d0264854_21353322.jpg

国宝に指定される石塔で斬新なスタイル。
ガイドのイさんが突然「10ウォンコイン出してみて!」と...
d0264854_21392996.jpg

ホントだ!これがデザインされてるのね!

楼閣には、木魚↓
d0264854_2145183.jpg
d0264854_21451492.jpg


そして、仏国寺の本堂にあたるのが大雄殿↓
d0264854_2146177.jpg

まばゆいばかりの金色の釈迦牟尼像と、両脇に文殊菩薩と普賢菩薩が並んでた。(写真不可)

さらに、極楽殿へ進むと、阿弥陀如来像が安置↓
d0264854_21525931.jpg

この極楽殿には、黄金の豚がひっそりと佇んでおり、
その木像が、ほんの数年前の亥年(それも600年に一度の特別な年)に見つかったのだとか↓
d0264854_21595229.jpg

看板のうしろにいるの、わかるかな?
それを記念して、黄金の豚を前庭に設置。
d0264854_2265875.jpg

幸運や金運に恵まれるとかで、撫ぜ撫ぜ...
「帰ったら宝くじ買ってね!」とイさん。

d0264854_22132183.jpg

d0264854_22142078.jpg

こちらの鐘は、かなり低いところに設置してるが、
鐘の下の地面を少し掘り下げ、反響していい音色が出るよう工夫されてるとか。

他にもたくさん見どころがあったが、今回はこれくらいに留めておく。

新羅時代の見事な建築と、日本の寺には無い色彩美が本当に素晴らしかった。
今度は紅葉の時期にもう一度訪れてみたいものだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by yumilyna | 2012-09-20 08:00 | 釜山旅行2012.9
<< イビスアンバサダー@西面 善徳女王を忍ぶ@慶州 >>